かやぶき屋根の貸別荘 すずめのおやど

すずめのおやどのご案内や周辺の観光施設などの情報をお届けします

北海道旅行記 その3 


この記事は3部構成になっています。

「北海道旅行記 その1」からご覧ください↓

北海道旅行記 その1




「桃岩荘」は1967年(昭和42年)に開業した、

国内でもかなり歴史の深いユースホステルです。



ちなみに、ユースホステルとは

ドイツ発祥、男女別の相部屋になっている会員制の宿泊施設です。(会員でなくても宿泊できます)



ここ礼文島の「桃岩荘」もそのひとつで、

男女別の相部屋や館内禁酒、22:00には完全消灯…など、

ユースホステルの伝統的な規則にのっとった施設です。



ではなぜ、それほどまでに旅人の心をつかんでしまうのか?



IMG_0520_convert_20140929163637.jpg



簡潔にいうと、それは

「スタッフによる全力のおもてなし」と、「歌と踊り」

です。



宿に着くと、ヘルパーさん(スタッフ)の方たちから

「おかえりなさい!!!」

と盛大な歓迎を受けます。

もちろん皆さんとは初対面、桃岩荘に泊まるのは初めてなのですが、

思わず「ただいま!」と言ってしまいたくなる。そんな気持ちよさです。



夕食後は、ヘルパーさんたちによる歌と踊り(寸劇?)を楽しみます。

このヘルパーさんたちのテンションが高いこと高いこと。(館内は禁酒なので、もちろんみなさんシラフです)

宿泊者も一緒になり、全員大きな声で大合唱。

最初は初対面同士でも、気づけばすっかり打ち解けあっています。

こうしてみなさん知らず知らずのうちに、桃岩荘の「魔法」にかかってしまうようですね。



桃岩荘の魅力は、この独特な世界観と、

人と人とのつながりが自然に生まれるところにあるのかなあ、とふと思いました。



●3日目

 礼文島を後にし、稚内から札幌→帰路へ



翌日、早朝にすぐ近くの「猫岩」にごあいさつ


IMG_0562.jpg


その屋号の由来となった「桃岩」はこちら


IMG_0551_convert_20140929203133.jpg



出発も盛大にお見送りしていただき、名残惜しみながら礼文島をあとにしました。



IMG_0031_convert_20141002234728.jpg



初めは若い人たちに囲まれ、独特の雰囲気にもついていけるかな?と不安でしたが、

年齢や性別関係なく存分に楽しむことができました。




旅人達に語り継がれる桃岩荘は、「また戻ってきたいな」と思える素敵なお宿でした。

すずめのおやども、そんなお宿でありたいな、と思った礼文島からの帰り道…。

「今までにない出会い」がたくさんあった素敵な旅でした。




IMG_0384_convert_20140929210608.jpg




◎桃岩荘は毎年6月~9月末までの営業です。
 
 今年の営業期間は終了していますが、興味のある方はぜひ来年6月の開所

 以降に足を運んでみてはいかがでしょう。



桃岩荘ユースホステル

http://www.jyh.or.jp/info.php?jyhno=105


桃岩荘の魅力がよく伝わるブログのご紹介

遠い世界に ~これが「桃岩荘」だ!





ランキングに参加しています。
クリックお願いします!↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2014/10/06(月) 21:27:31|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【イベントのお知らせ】 - ASIA TRI. Japan 2014 - | ホーム | 北海道旅行記 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suzumenooyad.blog.fc2.com/tb.php/31-03a3edd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)